風邪の予防や改善に効果的なマヌカハニーの効果と食べ方とは?

風邪予防としてマヌカハニーを用いる場合には、毎日スプーン1杯を3〜4回食べるのが基本です。空腹時に食べることで、その効果を最大限に発揮する事ができますので、食前1時間前や寝る1時間前に食べるのが良いでしょう。

 

マヌカハニーの効果は体内に入ると数時間で無くなってしまいますので、ある程度の間隔で口にするのが良いでしょう。マヌカハニーは普通のはちみつと食感が違いますので、最初は戸惑うかもしれませんが徐々に慣れてきます。

 

風邪の初期症状で喉の痛みを感じた際には、マヌカハニーを生でゆっくり舐めるのが一番お勧めです。もし生の味に慣れない方は、ホットミルクやホット豆乳にマヌカハニーと生姜を入れることでおいしく食べることが出来ますし、体の中から温まってきますので寒い時期にはお勧めです。

 

マヌカハニーを口にした直後に水分を取ってしまうことで、喉に残ってる成分を洗い流してしまいますので、生のマヌカハニーを口にした際には暫く水分を控えることが大切なポイントです。

 

風邪の予防や改善に効果的なマヌカハニーの選び方とは?

風邪予防としての選び方は、UMFの値が10+か15+(MGO100+、MGO250+)のもので十分です。

 

それ以上の値のものは日常的な健康維持や風邪予防の際には必要ないでしょう。慢性的な体調不良や病気があるような方の場合には、UMF20+やUMF25+以上の数値の更に高いマヌカハニーを選ぶのが良いでしょう。

 

マヌカハニーを日々の生活に取り入れたことで、風邪をひかなくなった人や寝こむほどの風邪まで悪化しなくなった人が多数いますし、お子さんに薬をあげることに抵抗感がある人などにも天然成分であるマヌカハニーの殺菌作用が好まれています。

 

マヌカハニーに含まれる抗菌作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用で風邪を予防することが出来ますので、普段からマヌカハニーのある生活を楽しんでいきましょう。

風邪に効果的なマヌカハニーの選び方記事一覧

マヌカハニーを口にしていれば、風邪をひくこともほぼありませんし、万が一風邪をひいても重篤な状態にならないことがほとんどな私ですが、たまたま海外に出張していた際に風邪をひいてしまい、どうすることも出来ない日が続きました。しかも痰と鼻水がかなり黄色くなってしまうまさに細菌感染型の風邪で、海外では毎日ひどい痰と鼻水に悩まされていました。僅か7日の海外滞在の後半の4日間はその繰り返しで、日中でも痰や鼻水に...