抗菌作用の高いマヌカハニーの選び方とは?

マヌカハニーの殺菌作用はMGOやUMFという基準でその殺菌力の強さを知ることができます。ブランドマークと呼ばれるこれらの基準には、いくつもの種類がありますが、その中でも特にこの2つの指標が安全性と効果の高さをしっかり表現しているものと考えると良いでしょう。

 

あなたがどのレベルの抗菌作用をマヌカハニーに求めるのかによってお勧めする商品や選び方は変わってきますが、最低でもMGO100+やUMF10+といった医療水準をクリアーしているマヌカハニーを選ぶことが基本です。

 

それ以下の商品の場合には、殺菌作用が弱いために医療効果や美容効果、健康促進効果はあまり期待できません。マヌカハニーが持っている本来の効果を得たい場合には、医療水準をクリアーしているレベルのマヌカハニーを選ぶべきです。

 

ちなみにマヌカハニーの抗菌作用の源は、メチルグリオキサールと呼ばれる成分です。それこそがMGOというブランドマークにことになります。このメチルグリオキサールの含有量こそが、マヌカハニーの抗菌作用の強さを示しています。

マヌカハニーは抗菌作用が高く、様々な効果効能が期待できる。

マヌカハニーは抗菌作用が非常に高く様々な病原菌にその効果を発揮すると考えられているだけではなく、通常のハチミツべで摂取した抗菌力は人間の体内に入ると酵素の働きでその抗菌力を失いますが、マヌカハニーに含まれる抗菌力は体内でも殺菌作用を発揮することが検証されています。

 

代表的な殺菌作用

 

  • ピロリ菌
  • 花粉症
  • アトピー
  • インフルエンザ
  • ノロウィルス
  • 糖尿病の改善
  • 咳や喉の痛みや炎症
  • 虫歯予防
  • 口内炎
  • 便秘
  • 免疫力アップ
  • ニキビケア

 

このように現代人が悩む多くの病気や症状にその効果が確認されているので、多くの人がより良いマヌカハニーを手にしようと考えるのも頷けます。

 

その殺菌作用をより効果的に摂取する方法としては、1日に小さじ3〜4杯くらいまでを空腹時(食前1時間前〜30分前まで)に口にすると良いと考えられています。健康効果の高いマヌカハニーですが、妊婦や産後の摂取は問題ありませんが、1才未満の赤ちゃんでは抵抗力が十分ではなく、ボツリヌス症を発症する可能性があるので、絶対に与えないようにしてください。

マヌカハニーの抗菌作用を肌から吸収する方法もある。

少しもったいなく感じるかもしれませんが、マヌカハニーの殺菌作用を肌から直接吸収する方法もあります。

 

それがマヌカハニーパックです。

 

顔全体にマヌカハニーを均一に伸ばし、その後ラップで覆って10分ほど放置します。10分後に洗い流すだけでOKです。このパックを繰り返すことで、ニキビケアが出来るだけではなく、肌の潤いが増し、肌荒れやシワの改善を行うことが出来ます。

 

これからの時期少し寒くなり、風邪に悩まされる人も出てくると思います。その場合には、生姜を入れたホットレモンにマヌカハニーを少し垂らすだけで身体がぽかぽか温まり、喉や咳、鼻詰まりなどの風邪の症状を改善することが出来ます。

 

普段から飲み続けることで、風邪やインフルエンザを予防することが出来ますので、冬の寒い時期はマヌカハニーで風邪やインフルエンザ知らずで過ごすこともできます。