危険なマヌカハニーがあるのは、年間生産量が限られているから!

危険なマヌカハニーがあるのは、年間生産量が限られているから!

マヌカハニーが危険なのは年間生産量の影響から偽物が多いのもあるので、購入しない為にも商品知識をしっかり持っておくことが大切です。

マヌカハニーの選び方と効果> 危険なマヌカハニーがあるのは、年間生産量が限られているから!

マヌカハニー 危険 年間生産量

マヌカハニーの副作用やデメリットの話をしたように、信頼できるメーカーの商品で通常量を摂取しているのであれば全く問題がないのですが、マヌカハニーの年間生産量の影響を受けた少し困ったことが起こっています。

 

それは世界で取引されているマヌカハニーの販売量に対して、実際に年間生産量との違いが大きすぎるという部分です。世界では年間10000トンのマヌカハニーが取引されていますが、その年間生産量は驚きの1600トンなのです。つまり実際の年間生産量の約6.25倍も世界では販売されているのです。

 

これではどれだけマヌカハニーが効果的で副作用が無いものであっても、偽物が市場に溢れていることで効果の無いマヌカハニーが多いだけではなく、どのような成分で作られているのかがわからないために非常に危険性が高いと考えられます。この傾向は今でも止まっておらず、効果の高いマヌカハニーの生産量が減少し、市場では販売量が増えているという状況が続いているのです。

 

そういったマヌカハニーには、万能薬としての効果があるどころか、蜂蜜由来の成分なのか?という根本的な部分さえ疑わしい状況になってしまいがちなのです。特に中華圏での販売量の多くに偽物のマヌカハニーが含まれており、ラベルと中身が違うものが市場に溢れてしまっているのです。

マヌカハニー 危険 購入

実は販売されたマヌカハニーはプロでも見た目だけその成分を判断することは出来ませんし、本物か偽物かの区別すらつかないのです。だからあなたが危険なマヌカハニーを購入しないためには、どのような業者のマヌカハニーをどこのお店から購入するのか?ということが非常に大切になります。

 

個人的に私が信頼できると考えているのが、ニュージーランドに日本人養蜂家が移住して非常に価値の高いストロングヌカハニーを作ってるTCNとニュージーランドを代表するメーカーであり、世界45カ国でマヌカハニーを販売しているマヌカヘルス社の2社です。

 

もちろん他にも優良メーカーはあるかもしれません。それでも私が実際に口にしてきた中で、この2社のマヌカハニーは品質も味も安定していますし、何よりも活性強度が高く抗菌成分が豊富に含まれているMGO値の高いマヌカハニーを安定的に購入することが出来るのです。

 

これは非常に大切なポイントだと思います。口に合ったものや体に合ったものを安定的に購入することが天然成分であるマヌカハニーにおいて、その取引量から難しいメーカーもあるわけです。特に高濃度のものであればあるほど、その傾向は強くなります。生産量の部分、メーカーと仕手の信頼性の高さからこの2社を個人的に推奨しています。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.