マヌカハニーは発がん性があり危険なのは事実か?

マヌカハニーは発がん性があり危険なのは事実か?

マヌカハニーに発がん性があるので危険だという話がありますが、もしそれが事実であればマヌカハニーを口にするべきではありませんが、がんの治療にも効果的なマヌカハニー本当にそうなのでしょうか?

マヌカハニーの選び方と効果> マヌカハニーは発がん性があり危険なのは事実か?

マヌカハニー 発がん性 危険

マヌカハニーに発がん性があって危険だという話がネット上で検索すると簡単に見つけることができます。もしそうだとしたら、マヌカハニーを食べるべきではありません。しかし様々ながん細胞の細胞分裂を抑制したり、がんの治療にも役立つマヌカハニーに本当に発がん性があるのでしょうか?

 

元々マヌカハニーの発がん性が疑われる原因になったのが、東北大学の小川晋准教授が発表した「糖尿病合併症の進展予測物質を同定」という研究結果です。この「糖尿病合併症の進展予測物質を同定」は、”血中メチルグリオキサールは5年後の糖尿病性血管障害進展を予測する”という文章から始まります。

 

つまりマヌカハニーの殺菌成分であるメチルグリオキサールが血液中に増えることで糖尿病性血管障害を誘発し、その結果ガン化するというかなり突拍子もない噂なのです。そもそもこの研究自体は癌の研究ではなく、あくまでも糖尿病患者の傾向に関するものです。

マヌカハニー 発がん性 事実険

そしてこの研究結果の英訳がなぜかオーストラリアのサイトに掲載され、それが世界的な議論を生むことになります。だから多くの人がマヌカハニーに発がん性があるので避けたほうが良いのでは?と考えるようになったんです。

 

しかしこの自体にストロングマヌカハニーの販売製造会社である株式会社TCNさんが動きます。実際にこの論文の著者である東北大学の小川晋准教授にインタビューを行ったんです。ズバリ、マヌカハニーの発がん性についてです。

 

その結果、小川晋准教授ご本人が公式見解を表明します。「メチルグリオキサールが糖尿病患者の一部になぜ蓄積されるのか、現時点ではそのメカニズムも解明されていない。またメチルグリオキサールが糖尿病性血管障害の原因とも断定できないとの見解も。そしてマヌカハニーを採取した研究でも血管障害の原因となったデータもない。」ということ。

 

つまりはマヌカハニーのメチルグリオキサールと発がん性及び、糖尿病患者の関係性について現段階で明確な関連性を見出すことができないというわけです。研究論文の著者が発表していることなので、マヌカハニーに発がん性があるというのは事実無根です。

マヌカハニー 発がん性 2016険

マヌカハニーの発がん性について更なる見解を紹介すると。アメリカの著名な医学博士で数多くの著書で有名なステファン・アレン・クリステンセン氏によると、メチルグリオキサールには細胞の染色体に毒性やガン化の他、糖尿病の進行に作用するという報告があるが、それは誤りであるとのことです。

 

糖尿病患者の血中にあるメチルグリオキサールは体内で作られるものであり、食品内に含有されているメチルグリオキサールとは同じ分子構造であるが、食品内に含まれるメチルグリオキサールは細胞のディフェンスメカニズムでメチルグリオキサールの負の要素は打ち消される。

 

酵素グリオキサラーゼによって分解されますし、食品に含まれるメチルグリオキサールは消化管から吸収されないという研究報告もあります。それ以上にマヌカハニーを半生記食しているが私自身にも健康被害もないし、これまでの歴史的にもマヌカハニーによる健康被害は報告されていない。

 

つまりマヌカハニーを永続的に食べ続けても発がん性が高まるようなこともなければ、健康被害も起こっていないということがこの博士の発言からも証明されているわけです。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.