マヌカハニー 胃腸疾患

ヘリコバクターピロリ菌が発見されたのは、1983年の話です。オーストラリアのロビン・ウォーレンとバリー・マーシャルによって始めてその存在が確認されました。それまでは胃の中は強い酸性なので、細菌は生きていけない環境だと考えられていました。

 

しかしピロリ菌はその酸性に対抗する酵素を自ら作り出し、局所的に中和することによって胃の中に定着して様々な悪さを行っていることがわかったのです。 

 

ピロリ菌の感染は、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍を引き起こすだけではなく、胃がんやMALTリンパ腫などのがんの発生に繋がることがわかっています。WHOも2014年に胃がんの発生原因の8割はピロリ菌であることを公式見解としているのです。

 

日本人のピロリ菌感染者は、先進国で最も高く2人に1人がピロリ菌に感染していると考えられています。特に50才以上の高齢者ほどその割合は高く、8割以上だと考えられています。さらに、日本人に感染者の多い東南アジア株のピロリ菌は強毒性で知られています。

 

通常、ピロリ菌を除去するためには、抗生物質を2種類と胃酸を抑える薬を7日間12時間毎に飲む必要があるのですが、それでもピロリ菌の除去率は7〜8割程度と低く、2次除菌を行っても9割ほどにしかならないのです。そしてその結果、耐性菌を生み出すことも問題になっています。

 

また抗生物質を使用したピロリ菌の除菌治療では、下痢や軟便、発疹やかゆみ、頭痛や味覚障害などが起こることがわかっていますし、場合によっては逆流性食道炎を誘発する可能性もあり、副作用に注意しながらピロリ菌の除菌治療を行う必要があります。

マヌカハニー 胃腸疾患 ピロリ

しかしマヌカハニーを使用してピロリ菌の除菌治療を行う場合、特に病院に通う必要もなく、抗生物質による除菌治療の際に必要な禁酒や禁煙、12時間毎に時間を守って薬を飲む必要はありません。

 

更に抗生物質の際に起こりがちな副作用が起こることもなく、耐性菌問題すら全く心配しなくともよいのです。マヌカハニーは天然物質なのでそういった副作用が起こることもなく、安全にピロリ菌の除菌治療を行うことができます。

 

なぜマヌカハニーはピロリ菌の除菌ができるのか?それはマヌカハニーに含まれるMGO(食物メチルグリオキサール)が、現在発見されている食品の中でも最も高濃度で含有されているからです。

 

メチルグリオキサールは非常に殺菌作用が高いことで知られており、特に人間の胃腸器関連の臓器にいる悪性ウイルスに高い殺菌力を発揮します。

 

マヌカハニーのメチルグリオキサールの含有量は通常のハチミツの数百倍とも言われるほど非常に多いので、強い殺菌力を持っていることにつながります。マヌカハニーは世界的にピロリ菌対策に有効であると考えられているだけではなく、毎日摂取しても何ら副作用が無いこともわかっています。

 

このように継続的に使用できるマヌカハニーの高い殺菌力がピロリ菌の除去に役立つだけではなく、ピロリ菌による活性酸素の排出による症状の更なる悪化に対しても、シリング酸メチルという抗酸化作用、抗炎症作用に優れている成分によって、活性酸素の体内への悪影響を防ぐことができます。

胃腸疾患にも効果的なマヌカハニー記事一覧

胃潰瘍の症状で最も多いのが、まず最初に上腹部の痛みを感じるようになり、その後みぞおちの痛みも感じたり、中には背中の痛みも感じるようになる人もいますが、最も多い症状はやはり、みぞおちの痛みです。このみぞおちの痛みが空腹時に起こることが多く、何か飲み物をのんだり、軽くつまんだりすることで収まるようであれば、それは胃潰瘍の可能性が高いと考えたほうが良いでしょう。ちなみにみぞおちの部分で感じる痛みは、食後...