マヌカハニーの耐性菌に対する除菌効果

マヌカハニーの耐性菌に対する除菌効果

マヌカハニーの特徴の一つに耐性菌に対する高い殺菌・除菌効果があります。これは世界の医学界でも既に注目され、様々な知見が行われていますが、日本ではその分野においてかなり遅れをとっています。実際にどのような効果が有るのか?考えてみたいと思います。

マヌカハニーの選び方と効果> マヌカハニーの耐性菌に対する除菌効果

マヌカハニー 耐性菌 抗生物質

マヌカハニーが耐性菌を殺菌・除菌する。そんなことを言うと、何を言っているのか?と日本の病院だと否定されそうですが、この認識は大きな間違いなのです。世界的に見ると耐性菌を発生させる可能性のある抗生物質による治療はどんどん消極的になっています。

 

しかし日本の医療現場では、未だに抗生物質を多用し、多くの人が薬漬けになる状況を生み出しているだけではなく、耐性菌を発生させる可能性を知りながらもその状況を変えようとしない日本独特の風土があるのです。

 

オランダは耐性菌問題において日本の一歩先を進んでおり、黄色ブドウ球菌におけるMRSAという多剤耐性菌の発生頻度は日本では患者さんの半数程もありますが、オランダでは5%未満なのです。つまりそれだけの人が耐性菌保有者なのです

 

耐性菌とは抗生物質が効きにくい細菌のことを指し、多数の抗生物質に対して耐性のある細菌のことを、「多剤耐性菌」といいます。つまりはどんな抗生物質も効かない菌がどんどん生み出されているのです。

 

その結果、WHOでは2050年には年間1000万人が耐性菌で死亡するという予測を発表していますが、このように日本の医療現場では対応が大きく遅れていますので、耐性菌を保有する人がどんどん増えていっているのです。

マヌカハニー 耐性菌 ピロリ菌

マヌカハニーのピロリ菌に対する殺菌・除菌効果は非常に高いことは既にお話していると思います。しかしマヌカハニーによるピロリ菌の殺菌・除菌で最も重要な事は、単にピロリ菌を死滅させることが出来るだけの話ではなく、耐性菌を発生させずに安全に除去できるという部分なのです。

 

耐性菌問題においてマヌカハニーは非常に有益な効果をもたらしてくれますが、ここでも残念ながら日本の医療現場では使われていませんので、約1割ほどの人がピロリ菌の除菌時に耐性菌を保有することに繋がっているのです。

 

もちろん、ピロリ菌の殺菌・除菌という効果を求める際には、UMFやMGO値の低いマヌカハニーでは意味がなく、最低でもUMF15+以上、MGO250+以上のメディカルハニーをある程度、継続的に口にし続ける必要があります。

 

ピロリ菌を除去出来ずに耐性菌にしてしまう(2度の除菌に失敗)と、保険治療の適応がなくなり、3回めの除菌以降は全て自費負担になるので、患者さんの支出を抑えることができなくなりますので、肉体的なはなしだけではなく、財布にも非常に悪い影響を与えるのです。

 

そしてピロリ菌を除菌出来ずに保有することは、将来的な胃がんの発病率を高めることにもつながりますので、本当にピロリ菌対策は慎重に判断すべきことなのだと考えます。

マヌカハニー 耐性菌 効果

マヌカハニーには耐性菌に対する効果があることが既に実証されています。例えば、マレーシアの研究機関では、耐性菌問題の解決のために天然物質から効果の高いものを探した際に、マヌカハニーは抗菌力の高さと耐性菌を発生させにくい天然物質の代表として認定。今後の治療は抗生物質からマヌカハニーに変更すべきだということまで言っています。

 

アメリカでも静脈下腿潰瘍の治療時には抗生物質も有益だが、耐性菌問題を考えると、マヌカハニーでの治療を優先すべきだと考えています。その流れはカナダでも同じで、緑膿菌やMRSAを含む黄色ブドウ球菌の除菌には、抗生物質よりもマヌカハニーが効果的だと認定しています。

 

このように世界の多くの医療機関や研究機関が抗生物質よりもマヌカハニーの方が耐性菌を発生しにくく、より効果的に細菌感染等の治療が出来るという事を認めているのです。だからこそ、私も自信を持って皆さんにマヌカハニーの効果を伝えているのです。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.