マヌカハニー効果をUMFとMGOを基準に考える

マヌカハニー効果をUMFとMGOを基準に考える

マヌカハニーの効果を測る基準として、UMFとMGOがあります。この基準の持つ意味やマヌカハニーならではの効果について考えてみたいと思います。

マヌカハニーの選び方と効果> マヌカハニー効果をUMFとMGOを基準に考える

マヌカハニー UMF 効果

マヌカハニーと通常のはちみつに共通する抗菌作用の特徴は、高い糖濃度と低いPHと過酸化水素です。この部分では、マヌカハニーも一般的なはちみつも変わりません。では何が違うのか?

 

これはマヌカハニーの選び方とその理由の項目でも説明をしていますが、UMF(ユニークマヌカファクター)とMGO(メチルグリオキサール)です。それ以外にもシリング酸メチルが含まれており、これらの成分に含まれる効果や効能で高い殺菌作用や抗炎症作用が期待できるのです。

 

UMFは抗菌作用を標準的な整体消毒薬であるフェノールの濃度と比較した時にどの程度の抗菌作用があるのかを指標としたものです。MGOとはUMFの正体にあたる成分の食物メチルグリオキサールの含まれている分量のことです。

 

いずれにしても数字が大きなものほど、その抗菌作用が強くUMFであればUMF10+以上、MGOであれば、MGO100以上のものが医療用マヌカハニーとして様々な医療機関で処方されるレベルのものになります。

 

実際にニュージーランドで採取されるマヌカハニーの中でもUMF20+を超えるものは全生産量の中でも1%ほどと非常に希少性が高く、現地でもかなり高額で取引されていますし、UMF判定されるものも全体の20%前後と医療用として効果が期待される採取量の少なさがお分かりになると思います。 

マヌカハニー MGO 効果

この医療用のレベルのものは、ヘリコバクター・ピロリ菌への有効性が学術的に実証されているだけではなく、糖尿病の併発症や長期療養患者の床ずれによる皮膚疾患への治療などにも活用されて非常に効果的な結果を残しています。

 

MGO(食物メチルグリオキサール)と並ぶ成分として、新たに注目されているシリング酸メチルは、活性酸素を除去する抗酸化作用が非常に強力で、その成分が非常に安定しているので、採取後1年以上経過してもその分量が変わることはありません。

 

MGOとシリング酸メチルの強力なタッグで様々な疾患や症状に非常に効果的に働くのです。

 

このMGO(メチルグリオキサール)に変化するのは、花の蜜に含まれるジヒドロキシアセトンがミツバチの酵素によって変化するためで、他の花の蜜にはジヒドロキシアセトンが含まれていないために、メチルグリオキサールを成分として持つことがないのです。 

 

ミツバチの酵素で変化のキッカケを与えられたジヒドロキシアセトンが蜂の巣の中の脱水過程でミツバチの体熱によって37℃から39℃の温度で加温されることで生成されることはわかっていますが、未だそのメカニズムは解明されていないのです。

 

このようにその効果は未だ研究過程のマヌカハニーではありますが、世界の医学界が注目していることは間違いありません。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.