ピロリ菌に対するマヌカハニーの除菌効果とは?

ピロリ菌に感染することで、ピロリ菌自体が慢性胃炎や胃潰瘍の原因となるので、除菌治療をしなければならないのです。もしピロリ菌を放置すれば、胃がんになるリスクは20倍以上になりますので、早期に治療を行うことが必要です。

 

しかしピロリ菌の治療薬は体内環境と薬の相性次第なので、全く効果の無い人もいれば、効果どころか副作用を併発してしまう人もいるので、慎重に進めていく必要があります。実際に起こる副作用では、軟便や下痢、腹痛や味覚障害などがあり、重篤な症状になるとアレルギー反応が起こり蕁麻疹や逆流動性食道炎を併発することもあるのです。

 

そこで登場するのが、ピロリ菌対策としてのマヌカハニーです。通常のはちみつに含まれている殺菌作用は、カタラーゼ酵素によって分解されてしまいますが、マヌカハニーの殺菌作用はカタラーゼ酵素の影響を受けずに体内で活動することができるのです。

 

ニュージーランドのワイカト大学の研究でもUMF10+と5+の培養液の中にピロリ菌を入れ48〜72時間観察することで100%ピロリ菌が死滅することが確認されていますので、ピロリ菌の除菌効果が高いことがおわかりいただけると思います。 

 

マヌカハニーが発生させる過酸化水素(オキシドールと同じ成分)は、ピロリ菌やアクネ菌などの悪玉菌には非常に効果的に機能しますが、健康な細胞や善玉菌を傷つけることはありませんので、その高い殺菌作用を上手く活用しましょう。

 

ではどのように食すのが一番効果的か?それは朝寝起きにおちょこ1杯のマヌカハニーを飲み干し、それを胃の中に満遍なく広げるイメージで横になってゴロゴロ回転します。そうして30分ほど何もしないで過ごすことで、マヌカハニーの持つ殺菌作用がピロリ菌に有効的に働きますので、是非試してみてください。

 

ピロリ菌対策でマヌカハニーを効果的に使用する場合には、UMF20+以上の医療用マヌカハニー(アクティブマヌカハニー)を使うことを前提にしてもらえれば大丈夫です。ニュージーランドでは、病院でマヌカハニーを薬として処方しているくらいなので、安心して口にして大丈夫です。

ピロリ菌に対するマヌカハニーの効果とは記事一覧

マヌカハニーは大学の研究でもピロリ菌の除菌効果が高いという話をしましたが、他にもイギリスの医療情報誌「Journal of the Royal Society of Medicine」の1994年の1月号(Vol.87)にも同様の研究結果が掲載されています。その気になる内容とは、薬剤感受性試験(ディスク拡散法)という手法でピロリ菌に対するマヌカハニーの除菌効果を確認したところ、5%濃度のマヌカハニ...

妊婦さんのがピロリ菌に感染していると鉄分欠乏症になることがわかっています。しかし妊娠中には抗生物質などを使ってピロリ菌の除菌治療を行うことが出来ませんので、より安全な方法でピロリ菌の除菌を行う必要があります。鉄分欠乏症を発症した妊婦さんの場合、外部からサプリメント等でいくらヘム鉄やプロテインを補給しても、鉄分欠乏症の症状を改善することが出来ません。これは既に研究の結果わかっており、鉄分欠乏症の改善...