妊婦のピロリ菌感染は鉄分欠乏症の原因になる

妊婦のピロリ菌感染は鉄分欠乏症の原因になる

妊婦さんのがピロリ菌に感染していると鉄分欠乏症になることがわかっていますが、妊娠中には抗生物質による除菌治療ができませんのでマヌカハニーがお勧めなんです。

マヌカハニーの選び方と効果> 妊婦のピロリ菌感染は鉄分欠乏症の原因になる

妊婦のピロリ菌感染はマヌカハニーでの除菌がおすすめ!

妊婦さんのがピロリ菌に感染していると鉄分欠乏症になることがわかっています。しかし妊娠中には抗生物質などを使ってピロリ菌の除菌治療を行うことが出来ませんので、より安全な方法でピロリ菌の除菌を行う必要があります。

 

鉄分欠乏症を発症した妊婦さんの場合、外部からサプリメント等でいくらヘム鉄やプロテインを補給しても、鉄分欠乏症の症状を改善することが出来ません。これは既に研究の結果わかっており、鉄分欠乏症の改善にはピロリ菌の除菌治療が必要なのです。

 

妊娠中の鉄分欠乏症の放置はヘモグロビンの合成が上手く出来ずに貧血の症状を発症したり、爪が割れやすくなったり、髪の毛が抜けやすくなったり、肌がカサカサになってしまったり妊婦さんの体調管理においてデメリットばかりなんです。

 

妊娠初期(3週目)くらいまでであれば、気付かずに抗生物質(ランサップ800)であれば、お子さんに奇形などの障害が出ることは考えにくいですが、4?7週目(赤ちゃんの中枢神経や心臓、消化器、四肢などが形成)になって抗生物質を飲んでしまうと奇形を誘発する可能性はありますので、本当に注意しなければいけません。

 

ちなみにピロリ菌に感染している人の場合、血液検査で栄養失調状態であると判断されることもありますので、妊活をしている人がいくらサプリメントなどで補給しても全く効果が出にくいという状況にもなりかねません。

 

そういったことも踏まえると、妊娠を考えている女性の場合には妊活をするよりも先にピロリ菌の感染検査を行い体の内側から妊娠できる状態にしておくという事も大切なのだと思います。

妊婦のピロリ菌除菌は抗生物質を使わないでもできる!

既に妊娠が発覚した場合、ピロリ菌の除菌治療は普通はできません。だからこそマヌカハニーを使用して安全に行うピロリ菌の除菌治療を個人的におすすめしますが、なかなか踏み出せない人もいるでしょう。

 

そこでピロリ菌感染と妊娠について、もう少し詳細な説明を行っておきます。ピロリ菌に感染している人の場合、つわりが重くなったり長引く傾向があるというデータが有ります。つわりが重くなると激しい嘔吐に襲われたり、食事や水分を殆ど取ることが出来ずに栄養不足になりやすいのです。

 

その結果お母さんの体ではビタミンB群、ビタミンCが不足しやすくなり、特にビタミンB1が不足した状態が続くことで胎児の脳の一部に障害が生じることがありますので、注意が必要ですし、つわりがひどい場合には専門の治療を受けることをおすすめします。

 

また赤ちゃんが生まれた時にもピロリ菌に感染している場合には、赤ちゃんへのキスも制限されてしまいます。一生懸命産んだ子なのに、キスもできない状態が続きそこでストレスを溜めてしまう人もいますので、そういった面でもピロリ菌感染はメリットがありません。

 

このような状態にならない為にも女性に対するピロリ菌の除菌治療をもう少し積極的に奨励していくことが望まれますが、医療費の高騰によりなかなか難しい状況であることを考えると、妊娠を考えている人はまずピロリ菌の感染検査を行うべきですし、もし妊娠中にピロリ菌感染が発覚した場合には、マヌカハニーでの除菌治療を個人的にもおすすめします。

 

マヌカハニーにはピロリ菌の除菌効果だけではなく、妊娠中に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。特に先ほど紹介したようなビタミンやミネラルなども豊富に含まれていますし、妊娠中の体調維持にも非常に高い効果が期待できます。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.