マヌカハニーの糖尿病予防効果とコレステロールの関係

マヌカハニーの糖尿病予防効果とコレステロールの関係

マヌカハニーの糖尿病に対する様々な効果がわかってきています。コレステロール値に与える影響、糖尿病予防に繋がる効果、糖尿病のコントロールなどについて紹介します。

マヌカハニーの選び方と効果> マヌカハニーの糖尿病予防効果とコレステロールの関係

マヌカハニー 糖尿病 効果

マヌカハニーを摂取することが糖尿病の予防効果や血糖値のコントロールに影響をあたえることが様々な医学的な根拠からわかってきています。実際にどのような効果が期待できるのか紹介します。

 

糖尿病とは、インスリン不足により血糖値が高くなった状態のことでほぼ自覚症状がなく、医師に糖尿病であることを告げられた時には、既に様々な症状が体のあちこちにでていることが多く、非常に厄介な病気です。

 

例えば、目や脳、心臓などの細動脈に病状が現れ、目の網膜の血管が敗れてしまうと失明するリスクがあったり、糖尿病性の昏睡や脳血栓、心筋梗塞や糖尿病性腎炎などで死亡する人が増えるなど糖尿病を発症した際には十分なケアが必要なのです。

 

しかしロシアのダヴィドフ博士は糖尿病患者の尿中の糖の値がハチミツを摂取することで改善された事を発見し6名の患者をハチミツで完治させた事実があったり、アメリカの糖尿病研究の第一人者であるジョスリン博士や慶応大学の五島教授も糖尿病はハチミツでコントロールできると発表するなど医学界からも注目が集まっているのです。

マヌカハニー 糖尿病 予防

マヌカハニーを含め、ハチミツの甘さは砂糖の1,5倍もあるのにカロリーは3分の2ほどしか無いために少量で甘さを感じつことが出来るのです。つまり砂糖をマヌカハニーに置き換えることで糖尿病の予防にもつながります。

 

もちろん糖尿病予防効果のあるマヌカハニーでも過剰に摂取すれば糖尿病のリスクを高めることにも繋がりかねませんが、砂糖の置き換え食材として使用することでより少量で同じ甘さになることを考えると予防効果が有るのも頷けると思います。

 

実際にマヌカハニーがどのような作用で糖尿病を予防するかというと、糖尿病の前段階にインスリン抵抗性の発生があります。インスリン抵抗性とは糖質の過剰摂取が元になり、血糖値が高い状態が続くことでインスリンの分泌が過剰に行われ、徐々に抵抗性ができてくるだけではなく、膵臓はインスリンを分泌し過ぎること疲弊し、ついにはインスリンの分泌が減少して糖尿病を発病するのです。

 

インスリン抵抗性を発症させなければ‥つまりは糖質の摂取をうまくコントロールできれば、糖尿病の予防に繋がるというわけなのです。

 

食品には、それぞれGI値あるのをご存知でしょうか?このGI値が高いとより血糖値を上げやすく、糖尿病に繋がりやすいのです。ちなみに日本人の少なお米のGI値は72と高GI食品としても知られています。GI値で70以上は高GI食品という項目に分類されます。

 

一般的なハチミツのGI値は80以上でかなり高GI食品なのですが、マヌカハニーのGI値は48~67と低GIもしくは中GI食品に分類することが出来ます。ちなみに砂糖は68とギリギリ中GI食品に収まりますが、かなりGI値は高い傾向があります。

 

やはり砂糖をマヌカハニーに置き換えることで摂取カロリーを大幅に減少させることが望ましく、医学的な根拠を踏まえてもマヌカハニーには糖尿病予防効果が十分にあると考えられています。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.