マヌカハニーの糖尿病予防効果を歯周病とピロリ菌との関係から考える

マヌカハニーの糖尿病予防効果を歯周病とピロリ菌との関係から考える

マヌカハニーの糖尿病に対する様々な効果がわかってきています。コレステロール値に与える影響、糖尿病予防に繋がる効果、糖尿病のコントロールなど医学的な視点も踏まえて紹介します。

マヌカハニーの選び方と効果> マヌカハニーの糖尿病予防効果を歯周病とピロリ菌との関係から考える

マヌカハニー 糖尿病 効果

糖尿病の予防にマヌカハニーが効果的であるという話をしましたが、もう少し詳細にその効果をお伝えしたいと思います。糖尿病の合併症の一つに歯周病があります。糖尿病患者の多くが歯周病を発症しているのです。

 

更に歯周病になることで糖尿病の症状が連鎖的に悪化していくことも最近の研究で明らかになっており、糖尿病と歯周病は相互依存の関係にあります。つまり、歯周病の症状を悪化させないこと、歯周病を予防することができれば糖尿病を予防したり、その症状を緩和できる効果が期待できるわけです。

 

マヌカハニーに含まれるMGO(メチルグリオキサール)が非常に強い殺菌作用を発揮して、口腔内の様々な症状に影響を与えるという話はここでしたとおり、メチルグリオキサールが歯周病の原因菌を除菌してくれるだけではなく、マヌカハニーのもう一つの独特な成分であるシリング酸メチルが歯周炎等の症状に対して、非常に高い抗酸化作用を発揮し、歯周病になることを予防してくれるのです。

 

このメチルグリオキサールとシリング酸メチルの相乗効果で、糖尿病と歯周病の関係を分断する事ができるのです。

マヌカハニー 糖尿病 ピロリ

また糖尿病とピロリ菌感染者にも相互依存の関係性があることがわかっています。ピロリ菌感染者と糖尿病患者のHbA1c(グリコヘモグロビン)の値に正の相関(一方が増えることでもう一方も増える)があることがわかっています。

 

それだけではなく、ピロリ菌感染者とBMI値にも相乗的な相互関係があり、その結果、ピロリ菌に感染している人でBMI値が高い人は、HbA1c(グリコヘモグロビン)の値も高いということがわかっています。

 

その3者の関係を断ち切ることができるのが、マヌカハニーの殺菌作用です。マヌカハニーには、ピロリ菌を除菌できる効果がありますし、その活動を抑制する効果が有ることもわかっています。こういった観点からマヌカハニーを定期的に口に含むことでピロリ菌の除菌を行えば、肥満予防にも、糖尿病の予防にも繋げることが出来るのです。

 

マヌカハニーの持つ強い殺菌作用であるMGO(メチルグリオキサール)とシリング酸メチルの抗酸化作用による相乗効果は天然物質の中でも非常に高い効果や結果を出してくれますので、糖尿病の予防という観点だけでなくとも普段から口にすることで様々な疾患の予防に繋がるのです。


>世界最高濃度のマヌカハニーと言えば、ストロングマヌカハニー!<

マヌカハニー 選び方 メニュー

マヌカハニー 効果

マヌカハニー 味


Copyright 2017 © マヌカハニーの選び方と効果 All Rights Reserved.